屋根工事 カバー工法とは?

query_builder 2022/10/21
ブログ
S__23953427

葺き替え工法

葺き替え工事とは「今ある屋根材を解体して、全面的に屋根を一新するリフォーム」のことを指します。


瓦などの重い屋根材からコロニアルなどの軽い屋根材へ葺き替え工事を行うことにより耐震性を上げることが出来ます。

また、必要であれば屋根の基盤になっている屋根下地からすべて新しく施工しますので、後にご紹介するカバー工法と比べ、10~15年後のメンテナンス費用などを考慮するとランニングコストを抑えられることもメリットの1つと言えるでしょう。


前述の通り、葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を施工するので、廃材処分費やその搬出に伴う手間なども増えコスト高になりますので注意が必要です。

さらに、既存屋根材にアスベストが含まれている場合、処分費用が高額となるため更にコストが増します。

加えて、屋根を一新するためカバー工法と比べ工期が長くなってしまうという特徴もあります。


LINE_ALBUM_町田市 中村様邸 ガルテクトカバー_220211_12

カバー工法

屋根はルーフィングという防水シート(以下、ルーフィング)を屋根材の下に敷くことで雨漏りを防いでいます。

屋根材が15~20年ほど経ち経年劣化してくると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因となります。

カバー工法とは、現状の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる(カバーする)工事のことを指します。

既存の屋根材の上にルーフィングを貼り、その上に軽い金属の新規屋根材を貼ります。


工期が短い

既存屋根材の解体や処分をする手間が掛からないので、葺き替え工法より工期を短くすることが出来ます。

規模にもよりますが、おおむね葺き替え工事の半分くらいの期間で施工が出来ます。


防水性・断熱性・遮音性が向上する

カバー工法に使われる屋根材には断熱材付きのものが使用されることが多く、既存屋根材との間に隙間が出来るため断熱性が向上します。

また新しくルーフィングを貼りますので防水効果が非常に高い点も特徴です。

屋根が2重になるため雨音の軽減にもつながります。


費用が抑えられる

前述した通り葺き替え工事と比較すると安価に施工が可能な点に加え、金属屋根材はガルバリウム鋼板と言って基本的に錆びない材料で作られている上に焼付塗装や石材チップが施されているため、屋根塗装と比較して圧倒的に長持ちします。


既存屋根材にアスベストが含まれていてもOK

2004年より前に建てられたお家でスレート系の屋根材が使われている場合、ほぼ間違いなくアスベストが含まれています。

アスベストが含まれた屋根材は特別な処分が必要となるため費用と手間が掛かります。

しかし、屋根カバー工法はアスベストを含んだ屋根材にもかぶせることが可能です。


カバー出来ない屋根もある

原則としてスレート系屋根材の上に施工するため瓦や金属系屋根材が使われている場合はカバー工法が出来ず、葺き替え工事は必要となります。


屋根内部の補修が必要な場合は施工出来ないこともある

雨漏りを放置すると既存屋根下地などが痛みます。

その場合、下地の補修、場合によっては張替えが必要なケースがあります。

まとめ

今回は屋根の葺き替え、カバー工事のメリットやデメリットをご紹介してきました。屋根工事は、ご自身でタイミングを知ることは難しいと思います。

定期的な点検・メンテナンスを行うことで屋根の状態を把握することができます。弊社では、10~15年に1度の頻度での点検を推奨しております。 もちろん各種点検は無料で行いますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

NEW

  • コロニアルからコロニアルへの葺き替え依頼!

    query_builder 2023/05/05
  • 雨樋の破損補修のご依頼をいただきました!

    query_builder 2023/04/28
  • ガルテクトカバー工事依頼

    query_builder 2023/04/21
  • 事務所内装工事 相模原市

    query_builder 2023/04/07
  • query_builder 2023/03/24

CATEGORY

ARCHIVE