横浜市 N様邸 屋根カバー工事

query_builder 2021/05/26
ブログ
97FB8ADE-285F-41E1-BB8F-B9CBC16A9AC6
ABEAECFC-32C8-4F23-AFB5-24CD7041D3F7

こんにちは!

ネクストスケーナです!


本日は屋根カバー工事について書いていきます。


既存住宅のスレート【コロニアル】の上に施工するIG工業製品スーパーガルテクトカバー葺きの工事前後のリフォーム写真です。


15年~20年前以前のスレートに関してはアスベスト含有の恐れがあり、処分費用が年々上昇傾向にあります。

その対策として、既存屋根を解体せず、防水シート【ゴムアスルーフィング】を施し、新規の屋根材を施工するのが屋根カバー工法となります。

カバー工法にも多用な種類があり、どの屋根材が良いのか、性能・保証等、様々な疑問をお持ちかと思います。

この記事では各屋根工事について、わかりやすくご説明致します。

保証やその他ご質問がございましたらお問い合わせより、お気軽にご連絡ください。


まず、カバー工事の場合、屋根下地の補修は原則行えません。

また、現地調査時に点検を行い、屋根下地が著しく腐食している場合はカバー工事はお勧め出来ません。


現地調査時での下地の確認方法について

①屋根調査前のヒアリングで現在雨漏れがあるかの確認

②点検口から屋根裏の確認

③湿気が溜まりやすく、結露していないかの確認


大きく上記3点を調査し、住宅とお客様のニーズにあった最善のご提案を致します。


工事内容に応じて金額・工事期間は変動します。

また『屋根がボロボロだから・・』『築年数が経っているから・・』など葺替え工事が必須とお考えの方、諦めてはいけません。

しっかりとした点検・調査を行った結果、カバー工事で対応出来たケースも多々ございます。


雨漏れ・屋根破損について

屋根は普段目に付かない場所ということもあり、多くのお客様が『屋根が飛んでしまった・・・』『雨漏れが急に部屋に出てきた』など、実際に被害にあってから慌てて業者探しをする方が多いかと思います。


ご対応

台風や大雪での住宅被害・災害

①屋根の図面を作成、被害箇所の特定を致します。

②報告書の作成により火災保険等の申請のお手伝いを致します。

③被害状況から最善の施工提案を致します。


雨漏れ住宅被害

①小屋裏の調査を行い原因の調査・診断・特定を致します。

②散水試験を行い、原因の調査・診断・特定を致します。

雨漏れにより、内装が汚れてしまっても弊社で一括対応

 修理・補修・塗装・防水など弊社で一括施工が可能です。


雨漏れに関しては原因の調査が一番重要になります。

原因を把握した上でお客様に最適な施工提案を致します。


これから台風のシーズンになります。

被害にあわれた場合は慌てずに、しっかりとした業者探しをしてください!

NEW

  • 本日より営業致します。

    query_builder 2022/01/06
  • 年末年始休暇のお知らせ

    query_builder 2021/12/23
  • 漏水点検も自社で出来る不動産会社です。

    query_builder 2021/10/26
  • 未公開物件!

    query_builder 2021/10/25
  • 宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて

    query_builder 2021/10/19

CATEGORY

ARCHIVE